【剣盾シングルS20使用構築】素人ポリドヒドランド【最終10位/レート2053】

f:id:siokouzi_2:20210802023035j:image

 

コンセプト

・先行ダイマックスで数的有利を取ってからDM枠+後続で詰めきる

・スカーフ対面操作+タイプ補完重視の受けサイクルで柔軟に立ち回る

 

構築経緯

f:id:siokouzi_2:20210801204904p:plainf:id:siokouzi_2:20210801204934p:plain→②f:id:siokouzi_2:20200203171537p:plain→③f:id:siokouzi_2:20201201120735p:plainf:id:siokouzi_2:20210801205216p:plain→④f:id:siokouzi_2:20210801204918p:plain

現冠環境でトップクラスの性能を持つと考えている「ポリゴン2+霊獣ランドロス」の2体からスタート。

その後はポリランドと相性の良いサイクルパーツ・毒々の詰ませ展開が優秀な「ドヒドイデ」。ポリランド+ドヒドで重たい鋼全般・ゴリランダー・カミツルギなどの崩し枠に強い「スカーフサンダー+珠ヒードラン」。最後にドヒドドランと相性が良く、宿木の種でドヒドの毒々と併せた定数ダメージサイクルが強力な「カプ・ブルル」を採用、といった流れ。

基本的な動きはスカーフサンダーを基軸にサイクルを回しつつ、ポリドヒブルルでの毒々・宿木の定数ダメージを絡めた詰ませサイクルor剣舞ランドでの積み展開。また珠ヒードランの通りが良い場合には、積極的に初手DMを切ってから後続のポリドヒブルルで詰めていく形をとる。

 

※当初はかもねぎなべさんの構築を参考にスカーフミミッキュなどを絡めて状態異常+スカトリ→積み・詰ませの展開を行う形を目指していたが、最終日にコンセプトが空中解体。気が付いたらタイプ補完重視のサイクル構築と化していた。構築の原型はほぼ留めてない。

また並びや型単体の変更を加えまくった末、最終日朝7時にようやく上記6体に落ち着いたほどには構築が迷走していたため、構築の完成度は微妙。冒頭に書いたコンセプトは半ば後付けです。

 

個体解説

ポリゴン2

f:id:siokouzi_2:20140621020246g:plain

性 格:控え目

特 性:アナライズ

実数値:191(244)-*-144(28)-154(116+)-128(100)-83(20)

持ち物:進化の輝石

技構成:トライアタック/冷凍ビーム/身代わり/自己再生

調整先

C:+1↑でH4D4ウオノラゴンをダイアタックで確定1発

HB:特化エースバーンの飛び膝確定耐え

HD:特化サンダーの命の珠暴風乱数2発(3.5%)
    持ち物無し特化ダイジェット乱数2発(0.4%)
  4振りポリゴン2のアナライズ補正トライアタックを身代わりが乱数耐え(93.4%)

S:12振りポリゴン2(麻痺したウーラオス抜き調整)抜き

参考元

blog.livedoor.jp

 本構築の主軸①。DMでの能動的な崩しと相手のDM枠に対する切り返し。そこからの詰ませまで幅広くこなせる最強ポケモン

相手の考慮しづらいタイミングで先手DMを切って数的有利を取った後、ポリ2+後続で詰め切る動きが強力だった。

ポリ2自身が突破手段に欠ける相手には、ドヒドの毒々を絡めて崩すことが可能。また苦手なエスバ・ウーラなどの物理方面での崩しは、ランドの威嚇を絡めたり、ドヒドブルルで受け回すことでケアが可能(盤面によってはポリ2でDMを切って強引に倒すこともある)。元々の単体性能の高さに加えて相手に応じたサイクルパーツを併せることで、幅広い構築に選出することができた。

身代わりはポリ2ミラーにおいてある程度回答になるのと、ドヒドイデラグラージなど状態異常持ちの絡め手への対策手段として優秀。原案ではスカーフミミッキュのスカトリ+鬼火から展開することで身代わり+自己再生による詰ませ性能の高さを最大限に活かしていたが、ミミッキュ不在の(元々は採用していた)本構築ではやや噛み合わない構成になってしまったかもしれない。

 

ランドロス

f:id:siokouzi_2:20210801201319g:plain

性 格:慎重

特 性:威嚇

実数値:196(252)-166(4)-124(108)-*-126(116+)-115(28)

持ち物:オボンの実

技構成:地震/空を飛ぶ/岩石封じ/剣の舞 

調整先

A: +2↑ダイロック+砂ダメでHB特化サンダー乱数1発(93.4%)

HB:特化エースバーンの珠ギガインパクト確定耐え

S: +1↑で準速エースバーン抜き

HD: DL調整D>B

(参考元はポリゴン2の記事と同様)

本構築の主軸②。ポリドヒドとの相性補完が優秀。威嚇を絡めてエスバ・相手のランドなど物理全般に対して最低限クッションとなりつつサイクル全体を保護したり、自身の通りが良い場合には剣舞を積んでダイマエースとして崩しを狙う。ポリ2共に単体で幅広い役割をこなせるのがとにかく強かった。

崩しを狙っていく上でやや火力不足な点以外は参考元のHBDベースで困ることがなかったため、最後までそのまま使用した。HAorHBベースはDLポリ2に大きく隙を見せてしまうのが嫌だし、HDベースだと物理クッションとして心許なくなるため、この調整でよかったと思う。

 

ドヒドイデ

f:id:siokouzi_2:20201201120158g:plain

性 格:穏やか

特 性:再生力

実数値:157(252)-*-191(148)-73-193(108+)-55

持ち物:黒いヘドロ

技構成:熱湯/毒々/トーチカ/自己再生

調整元

HB:特化ウーラオスの暗黒強打最高乱数以外2耐え

HD:臆病珠サンダーの10万ボルト確定耐え。DL調整D>B

参考元

ポリランドと相性の良いサイクルパーツ。ポリ2ランドブルルと併せてサイクルを回しつつ、毒々を撒いて定数ダメージによる詰ませを狙う。

HD方面にかなり厚く振っているおかげでサンダー対面でも強引に毒々を撃ってから後続に引く動きが取れるのが強い。ランド同様DLポリ2に隙を見せない点も優秀。HB方面は通常のドヒドに比べて脆くなっているが、タイプで受けられる物理相手ならランドブルルと併せて受け回したり、威嚇を絡めて立ち回ることでケアすることができた。

 

サンダー
f:id:siokouzi_2:20201201115943g:plain

性 格:控え目

特 性:静電気

実数値:165-*-106(4)-194(252+)-110-152(252)

持ち物:拘りスカーフ

技構成:10万ボルト/暴風/熱風/ボルトチェンジ

スカーフ対面操作枠。スイーパー兼ダイマエース。スカーフボルチェンで相手に負荷をかけながら有利なサイクルを形成する。

ポリランド+ドヒドイデで重いゴリランダー・カミツルギテッカグヤなどの強力な崩し枠に対するストッパーとして重宝した。ダイジェット非所持のツルギやダイジェットで2加速したカグヤまでなら上から縛れる火力と素早さが優秀。

DM時の火力とスカーフボルチェンで相手にかける負荷を増やしたかったため控え目特化。構築単位で重たいヒヒダルマを上から縛れないのだけが難点だったが、それ以外は控え目で困ることはなかった。

 

ヒードラン

f:id:siokouzi_2:20140608184946g:plain

性 格:臆病

特 性:貰い火

実数値:166-*-126-182(252)-127(4)-141(252+)

持ち物:命の珠

技構成:オーバーヒート/鉄蹄光線/大地の力/ソーラービーム

ダイマエース。ポリランド+ドヒドが誘う相手のヒードランジバコイルテッカグヤなどの鋼全般、タイプ受け重視の低速サイクルを崩す枠。通りの良い構築には初手DMで積極的に崩しを狙う。

受け気質なポケモンと同居してるからかアタッカー型を想定されることが少なく、こちらの崩しのプランがそのまま通りやすい印象だった。

ドランでしか対応できない構築が多かったため、選出率は高め。中低速の初手DMでサイクルを崩そうとする兼ね合いで一貫した立ち回りが取りにくいのが難点だった。「それ〇〇してたらどうしてんだよ!」と思わず文句を言われそうなDMの切り方をしたり、目の前を見ない技選択を行うこともしばしば。

ドランミラー、マンムーカイリューなどの準速80族、ゴリランダーの上をできる限り取りたかったため最速で採用。実際は最速が活きる場面より火力が絶妙に足りなくて困ることの方が多かったため、控え目特化の方がよかったと思う。

 

カプ・ブルル

f:id:siokouzi_2:20210801201452g:plain

性 格:腕白

特 性:グラスメイカ

実数値:177(252)-150-183(252+)-*-116(4)-95

持ち物:食べ残し

技構成:ウッドホーン/自然の怒り/宿木の種/守る 

ルルドランと相性の良いサイクルパーツ。ランドドランに通る水全般の一貫切りやドヒドがHBに脆い兼ね合いで重たかったウーラオスに後出ししていく。有利対面から自然の怒りや宿木の種を撃ち分けてサイクルに負荷をかけていく動きが強かった。GFでサイクル全体の場持ちを良くさせたり、構築単位で重ためな物理地面全般の一貫も切ることができる点が偉い。

最終日朝7時に急遽投入した枠だったが、ドヒドと併せてノラゴン・ウーラを安定して処理したり、他5体では重たいミトムの対処が楽になったりと最終盤の勝利に貢献してくれた。考察不足なため努力値配分や技構成は一考の余地あり。

 

 

まとめ

f:id:siokouzi_2:20210802024021j:image

TNしおこうじ:最終10位/レート2053

TNなみのはな:爆死

ここ最近は結果が伸び悩んでいましたが、久しぶりに最終1ページという結果を残すことができました。ただ私自身7時で撤退(その時点で11位)した上に最上位勢が順位を落とした分繰り上がった形での"10位"なため、手放しで喜ぶことができないのが正直なところです。

私はステロなどを絡めたサイクル+積み展開の構築を好んで使い続けているのですが、ここ最近そうした構築で勝ててなかったのもあり、今期普段とは違った系統の構築やポケモンを使うことに挑戦していました。個人的に使う上で苦手意識のあったポリ2の強さを断片的ではあるものの理解することができ、こうして結果にも繋がったのは嬉しい限りです。

来期からはDM禁止+禁伝ルールで環境や構築の組み方がかなり変わりますが、今期培ったノウハウをできる限り活かせたらと思います。また最近は最終日最上位で戦いきれるような構築を作れていないので(今期10位台で撤退したのもそれが理由)、来期以降は強い構築をしっかりと組めるよう精進していきます。自分好みなサイクル+積み展開の構築にもまた挑戦していきたいですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

f:id:siokouzi_2:20210802023852j:image

↑サムネイル用